【解説】キャピタルゲインとインカムゲインの違いとは?

FIRE
この記事は約2分で読めます。

この日記では、様々な投資でよく使われるキーワード

キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の違いをわかりやすく、簡単に紹介していこうと思います!

キャピタルゲイン(income gain)とは

最初に「キャピタルゲイン(income gain)」とは、

保有している資産を売却することで利益を得ること

株式で例えると、買った金額よりも株価が上昇した場合に、その株式を売却して利益を得ることです。

仮想通貨は基本的にこれにあたり、不動産の転売などもこれに含まれます。

こちらの方が一度に大きな利益が得られる可能性がありますが、ハイリスク・ハイリターンです。

簡単にキャピタルゲイン=売却益ですね!

インカムゲイン(capital gain)とは

次に「インカムゲイン(capital gain)」とは、

保有している資産から利益を得ること

株式で例えると保有株式からの配当のことを指し、

積立nisaやiDeCoで知名度が上がった投資信託や、不動産の場合では家賃収入などがこれに含まれます。

安定的に得られる利益だと言われていますが、貸し倒れのリスクがあるソーシャルレンディングも含まれています。

投資手法によっては安定度合いがかなり異なるので、インカムゲインだからと言って確実に安定するとは限りません。

ゲイン(gain)とは

次に「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」のふたつに共通する部分 ゲイン(gain)

ゲイン(gain)とは「利益」を意味します。

つまり、「キャピタル」と「インカム」では 利益(ゲイン)の種類が異なります。

FIRE目指す上で向いているのは?

インカムゲイン(capital gain)」です!

安定的に利益を出すことによりFIREへの計画がしやすいことは勿論、FIRE後に安定した生活を過ごせますよね。

まだ若く、リスクが取ることができる場合には「キャピタルゲイン」で資金を作り、その資金をインカムゲインを得られるものへ変えていくのも有効な手段かと思います。

自分に合った利益の出し方を見つけて素敵なFIRE生活を一緒に目指しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました