【解説】スマホだけでUnfoldからリンク集を作成する方法

SNS
この記事は約3分で読めます。

プロフィールにリンク(URL)を複数掲載することができないInstagramやTwitterなどのSNSに「もっとリンクを載せたい!」という方に向けて、この記事ではUnfoldを使ってリンク集を作成し1つのリンクで完結させる方法を解説していきます!

この記事では、iOS(iPhone)版のみの解説となります。

Androidで利用する方は、参考程度に見ていただけると幸いです。

また、現時点ではパソコンでの作成や編集ができません。

アプリをダウンロード

以下のボタンから、お使いの端末のOSに合わせてダウンロードしてくださいね!

アカウント作成

リンク集と言う名の、自分専用のページをネット上に作るのでアカウントの作成が必要となります。

下にあるタブの右側の「Bio Sites」をタップすると、作成を開始の下の「ログイン」をタップします。

「ログイン」をタップすると、下の様なページに移動します。

メールアドレスを登録するか、Googleなどのアカウントを使用してログインします。

リンク集を作成する

先程の「Bio Sites」(下の画像のページ)から、リンク集を作成していきます。

最初に【プロフィール】のタブから「名前」「アイコン」「ホーム」画像を設定した後、その下の部分へSNSのリンクを追加できます。

【ソーシャル】のタブから、下部からアイコンを選択できるSNSを表示したい場合には良いかと思います。

次に、ブログやホームページのリンクを追加できます。

同じSNSの複数アカウント(サブ垢)を表示するなど、汎用性が高いかと思います。

例えば、、、Instagramで紹介した物をブログでの紹介ページする場合、「〇〇〇の使い方」「〇〇〇の方法」などといくつも表記することができますね。

追加や編集が終わったら、右下の「✔︎」をタップして保存を行ってください。

編集が終わった場合は、右上の「更新」をタップしてページの更新を完了してください。

今までのステップを行うと、下のページに移動します。

ここでも「更新」をタップしてください。

※リンクの文字列を変更する場合には、課金をする必要があります。

更新をすると、公開されたと表示されて下の部分から「リンクをコピー」できます。

こちらのリンクをInstagramやTwitterのリンク部分に記載することにより、様々なSNSやブログ・ホームページなどに案内することができますね!

まとめ

いろいろな活用方法がある、『Unfold』リンク集作成方法でした。

Unfold以外の無料で作成できるリンク集作成サービスも紹介しているので、そちらも参考にしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました